Return to site

糸かけ曼荼羅ワークショップ

終了しました

飲食店経営されている方からよく聞く言葉、

「ニッパチ」。

2月と8月で「ニッパチ」と呼ばれていて、

飲食店の閑散期を指すんだそう。

2月は、年末年始の出費の反動と寒い気候のせい。

8月は、お盆の帰省で人が動いてしまうからだとか。

特に2月は、その前月の1月も

閑散期となる飲食店が多いんだとかなんだとか…。

Fountain Mountain はとくに「ニッパチ」の閑散期なんて

気にしていなかったものの、

昨年末に借りた広い広~い駐車場に

大量の車が停まっているのを久々に見てビックリ。

↑写真に写っていない部分にもビッチリ車が停まっていたんですよ。どうした Fountain Mountain。

そう、この日(1月28日)は

『糸かけ曼荼羅』のワークショップの日だったんです。

糸かけ曼荼羅とは、

円状に釘を打った木板に、

素数を使って糸を規則正くかけていくことで

生み出される立体模様のアート。

素数 ??

立体模様 ??

参加者の皆さんの頭に「??」が並んでいるところで、

講師の龍石 修さんから丁寧なレクチャー。

↑作り方はもちろん、曼荼羅のルーツや楽しみ方なんかも解説していただきました。

レクチャーはほんの10分程度。

皆さん飲み込みが早い…。

龍石さんのレクチャーのおかげで、

あっという間に理解されていましたよ。

木板に糸、鉛筆と紙を受け取ってから

皆さん作業しやすい席に移動。

完成まで約4時間…。

糸かけ曼荼羅づくりスタート◎

慣れないうちは、

スマホの計算機や紙とペンでの筆算で素数を算出。

慣れてしまえば

初めだけ計算して、あとは規則性を見つけてスイスイ糸が掛けられるんです。

今回のワークショップの参加者は16名。

16名が思いおもいの場所に座って作業しているけれど、

講師の龍石さんが時折様子を見に来てくれるので安心。

(龍石さんはずーーっと歩きっぱなしの立ちっぱなしでしたが…)

———

約4時間の長丁場はかなり辛いのでは…? と

不安でしたが、

みなさん「集中が心地よかった」とハツラツとされていましたよ。

木板を購入して「家でも作ってみます!」なんていう

参加者さんも…!

↑4時間カウンター席に座りっぱなしだったお洒落カップルさん。腰は大丈夫でしたか…?

有田の2月はとっても寒いけれど、

ストーブが灯る暖かい店内で皆さま、とっても楽しんでいただけたようで

本当に嬉しい限りです。

ご参加くださった皆さま、糸島からはるばるお越しいただいた講師の龍石さん、

本当にありがとうございました!

Fountain Mountain では、春に向けて様々なイベントを開催予定です。

今後の告知をお楽しみに!

↑講師の龍石さんは実はひょうたんアートの作家さん。とっても繊細で美しい作品でしたよ。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly